HOME>特集>社員が便利に使えることを意識した事務所を借りよう

目次

社員の利便性は無視できない

賃貸事務所は料金だけで選ぶと失敗しやすいので、まずは物件に求める優先順位を明確にしておきましょう。多くの事業者が優先する事項には社員の利便性があり、具体的には通勤しやすい立地条件が好まれます。駅から近いところにあれば、徒歩で移動する時間を短縮できるので、時間と労力の節約になるでしょう。賃貸事務所のスペースに関しては、少し余裕があったほうが安心できます。最低限のスペースしかなければ、将来的に社員を増員するときに困るからです。またスペースが広ければオフィス機器の置き場所が増えますし、事務所内を移動するときも楽になります。

オフィス機器が設置されているか

昔は賃貸事務所といえばスペースを貸し出すだけのサービスでしたが、近年はオフィス機器を用意するなどの条件が増えてきています。例えばコピー機が備わっているならば、コピー機の購入やレンタル、リースなどは必要ありません。賃貸事務所で用意するオフィス機器は最新タイプでない可能性がありますが、形式が古すぎるというケースも少ないので、業務に支障をきたす可能性は低いです。オフィス機器付きの賃貸事務所は、特にスタートアップ企業が利用しています。初期費用をなるべく節約し、広告宣伝やマーケティング費用に回したいという会社に最適でしょう。

広告募集中